2018年8月22日(水)

経済政策、隔たり少なく ポピュリズムに警戒

東南アジア
2018/8/10 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア大統領選挙では、経済政策が大きな争点となる。5%程度の堅調な経済成長を続けているものの、前政権時代に達成した6%強の成長からはややペースダウンしていて、ジョコ政権の経済政策の成果の是非が問われる。保護貿易政策や資源権益の買い戻しなど、両陣営が大衆受けの良い政策を打ち出す懸念もある。

 ジョコ大統領は2014年の就任後、規制緩和を進めて、外資規制も徐々に解除して投資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報