2018年12月16日(日)

新潟県糸魚川市、大火から復興へ人材育成

2018/8/10 23:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県糸魚川市は、空き店舗や空き家を活用し、地域のにぎわいを創出する人材の育成を始める。市民らを対象にシンポジウムや集中講座を実施する。2016年に起きた大火の被災地周辺の復興を加速させる。

空き店舗を活用した宿泊施設の経営者らを講師に招き、実践例などを学ぶシンポジウムを30日に開く。10月と12月にもシンポジウムを予定する。

19年2月には市民らを対象に「リノベーション(大規模改修)スクール」を開く。空き店舗などを活用した新事業を目指す集中講座で、参加者は専門家の指導を受けながら事業計画案を作る。計画案を発表する場も設け、空き店舗所有者らに事業化の協力を求める。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報