/

この記事は会員限定です

インドネシア大統領選へ号砲 与野党一騎打ちに

現職ジョコ氏優位、イスラム票獲得競う

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】2019年4月に投開票されるインドネシア大統領選挙が10日、事実上始まった。再選を目指す現職のジョコ大統領陣営に、最大野党の党首のプラボウォ氏が挑む構図になる。世論調査ではジョコ氏の支持率は5割程度あり優位に選挙戦を進める。両陣営は国民の9割近くが信仰するイスラム教に接近し、支持拡大を目指している。

ジョコ大統領は10日午前、ジャカルタ中心部の選挙管理委員会を自ら訪れ、大統領...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1077文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン