2018年12月16日(日)

中央アルプス「千畳敷カール」 高山植物の宝庫
(信越スポット)

2018/8/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR駒ケ根駅(長野県駒ケ根市)からバスとロープウエーを乗り継いで1時間余り。標高2612メートルまで上がると、目の前に緩やかな傾斜の谷が見えてくる。中央アルプスの山岳景勝地「千畳敷カール」だ。

今から2万年ほど前、氷河が山を削ってできた独特の地形で、お椀(わん)の底を思わせる。広さが畳で千枚分あるといわれて名前が付いたという。

7月下旬に訪れた時、ロープウエーの駅の温度計は16.66度と表示され…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報