/

この記事は会員限定です

和弘食品、米でスープ・たれ生産増強 日本食人気受け

[有料会員限定]

業務用スープ・たれ製造販売の和弘食品は米国工場の設備を増強し、生産能力を2倍に高める。現地で増えるラーメン専門店など日本食ブームに伴う需要拡大に対応。メキシコや南米なども開拓する。一方、国内も飲食業界の人手不足から引き合いが増えており、工場の生産性を高める。2020年3月期には売上高で18年3月期比12%増の100億円達成を目指す。

米カリフォルニア州の工場に約1億5千万円を投じ、スープやたれの原料を調合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン