/

この記事は会員限定です

北陸の地銀 不良債権処理額が急増 事業性融資リスクに備え

[有料会員限定]

北陸3県の地銀で不良債権処理額が急増している。10日、全6行の2018年4~6月期の決算が出そろい、福井銀行など不良債権処理額を公表している5行中3行が増加した。日銀のマイナス金利で貸出利ざやが縮小するなか、ミドルリスクの融資を増やしていることが影響したようだ。

福井銀の単体の不良債権処理額は8億3600万円と前年同期から8億900万円増えている。同行は「大口の貸し倒れではなく複数の積み上げの結果」としている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン