/

この記事は会員限定です

「グランピング」韓国人観光客に照準 長崎・今村商店

対馬の観光振興目指す

[有料会員限定]

酒類卸とガソリンスタンド運営の今村商店(長崎県対馬市)は豪華なキャンプ「グランピング」事業で、8月中旬に簡単な調理やアルコール類の提供などができる施設の稼働を始める。自社のウェブサイトも開設する。長崎県の離島である対馬には韓国人観光客が急増しており、インバウンド(訪日外国人)など個人客を中心に取り込み、地域の観光振興につなげる。

今村商店のグランピング施設「スロースグランピング」は、韓国人観光客が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1069文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン