/

元受刑者のがん放置で和解 国、遺族に見舞金500万円

2015年に死亡した大阪府の元受刑者の男性(当時62)が拘置所や刑務所で適切な医療を受けられず放置され、がんが悪化したとして、遺族3人が国に慰謝料など計約7300万円の損害賠償を求めた訴訟は、大阪地裁(山地修裁判長)で10日までに和解した。国が遺族側に見舞金計500万円を支払う。7月27日付。

訴状などによると、男性は08年8月、自動車運転過失傷害罪などで起訴された。拘置所で勾留中、耳にしこりを感じ、09年2月に検査を受けたが異常なしと診断された。

実刑が確定し、京都刑務所に移った同6月以降も症状は改善せず、刑務所外部の医療機関の診断で12年1月、耳の下の悪性腫瘍と肺への転移が判明。同8月の出所後、提訴したが15年に死亡し、遺族が訴訟を引き継いだ。

遺族側は「症状の訴えを無視し続けられた結果、発見時には転移していた」と主張していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン