2018年9月20日(木)

9/20 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: テックビューロ、仮想通貨67億円分流出
  2. 2位: 米国株、ダウ続伸し158ドル高 ゴールドマンとJPモルガンが押し上げ
  3. 3位: 新日鉄住金、買収額上昇でも譲れぬインドの覇権[有料会員限定]
  4. 4位: ベゾス氏も見誤る? アマゾンに貿易摩擦の影[有料会員限定]
  5. 5位: ネットワン、17年ぶり高値を支えるクラウドシフト[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,725.92 +53.40
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,540 +20

[PR]

業績ニュース

コカBJH、通期業績予想「未定」に 西日本豪雨の影響読めず
1~6月期最終は9%減

2018/8/10 20:30
保存
共有
印刷
その他

 コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスは10日、2018年12月期の連結業績予想を「未定」に変更した。同社は7月の西日本豪雨の影響で広島県内の工場の操業を停止している。現時点で工場設備や在庫などの損失を算定することが難しいことから、予想を取り下げた。同日発表した1~6月期の純利益は前年同期比9%減の88億円だった。好採算の自販機商品が苦戦し利益を押し下げた。

 これまで18年12月期の純利益は前期比14%増の288億円と予想していた。操業を停止している広島県内の工場は再開のメドが立っていない。工場復旧に伴う費用を計上する可能性があるため、659億円としていた18年12月期の設備投資計画の修正を検討している。工場に隣接する倉庫の在庫や被災地域に設置している自販機の商品などの廃棄損も見込む。

 また鉄道の寸断で輸送をトラック輸送に切り替える動きが各社で広がっている。猛暑により出荷量も急増しており、トラック確保が難しくなっている。こうしたコストの上昇が今期業績を圧迫する可能性がある。

 1~6月期は、缶コーヒーなどの好採算商品が自販機で苦戦したことが響いた。17年の東西コカ・コーラ経営統合に伴うのれんの償却費増も利益を押し下げた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム