2018年9月19日(水)

9/19 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日本株、米中摩擦で浮かび上がる優位性[有料会員限定]
  2. 2位: 株、買い戻し相場で進む選別 業績期待のソニーが高値[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 続伸し8カ月ぶり高値 海外勢の買い継続、中国関連にも見直し
  4. 4位: 年末株高への助走始まるか 米中間選挙前は買い場[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、積み上がるCTAの買いポジション(市場点描)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,721,921億円
  • 東証2部 98,448億円
  • ジャスダック 102,045億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.34倍 --
株価収益率14.91倍15.17倍
株式益回り6.70%6.58%
配当利回り1.64% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,672.52 +251.98
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,520 +240

[PR]

スクランブル

フォローする

貿易摩擦の裏で進む優良株探し
証券部 山下晃

2018/8/10 17:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 およそ3週間ぶりに日経平均株価の下落幅が300円を超えた10日の東京株式市場。ピークを迎えた決算発表では業績好調な銘柄が目立つのに、米中貿易摩擦などによる先行き警戒感から、買い上がる動きは鈍い。ただ、それはあくまで日本株全体の話だ。個別株に目を転じれば、新たな選別が始まっている。

 「勢いはとまらないですね」。ある日本株ヘッジファンドの運用者は興奮気味に語る。今月に入って上場来高値を更新したスズキ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

相場と投資を読み解く

10日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム