2018年10月17日(水)

10/17 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 緊急点検・同時株安の行方 市場「株高シナリオなお」[有料会員限定]
  2. 2位: リクルート、GAFA上回る「求人」改革への評価[有料会員限定]
  3. 3位: 東証大引け 続伸、決算受けた米株高で安心感 半導体関連が後押し
  4. 4位: まだ消えぬ為替リスク、本丸は新興国通貨[有料会員限定]
  5. 5位: 日経平均大幅高、米株高追い風 上昇基調回復なお遠く[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,450,174億円
  • 東証2部 89,906億円
  • ジャスダック 100,812億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.29倍 --
株価収益率14.31倍14.55倍
株式益回り6.98%6.87%
配当利回り1.71% 1.77%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,841.12 +291.88
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,890 +470

[PR]

スクランブル

フォローする

貿易摩擦の裏で進む優良株探し
証券部 山下晃

2018/8/10 17:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

およそ3週間ぶりに日経平均株価の下落幅が300円を超えた10日の東京株式市場。ピークを迎えた決算発表では業績好調な銘柄が目立つのに、米中貿易摩擦などによる先行き警戒感から、買い上がる動きは鈍い。ただ、それはあくまで日本株全体の話だ。個別株に目を転じれば、新たな選別が始まっている。

「勢いはとまらないですね」。ある日本株ヘッジファンドの運用者は興奮気味に語る。今月に入って上場来高値を更新したスズキ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

相場と投資を読み解く

10日公開「記者の目」

記事の理解に役立つランキングやデータ

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム