2018年8月19日(日)

「選択革命」の波 流通の主役交代

平成の30年
2018/8/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 平成では消費の主役ががらりと変わった。バブル崩壊、デフレで売り手市場は終わり、卸依存の百貨店や大型スーパーの役割は低下。買い手市場に適応したSPA(製造業小売り)、PB(プライベートブランド)、ネットが躍進し、ショッピングの自由度が増した。「いつでも、どこでも、早く、細かく」を競う「選択革命」が猛烈に進行した時代だ。
 平成初の決算となった1989年8月期のユニクロの売上高はわずか41億円。だが、

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報