2019年1月23日(水)

書斎のゴルフ

フォローする

ゴルファーの体幹を安定させるエクササイズ(5)

(1/2ページ)
2018/9/10 6:30
保存
共有
印刷
その他

 体幹を鍛えるトレーニングとゴルフレッスンの融合を実践している「TAIKANZ GOLF」。今回は体の柔軟性をアップできる「TAIKANZ」オリジナルの「ピラフェクト」を草深麻衣トレーナーが紹介してくれる。寝そべりながらできる楽なエクササイズだけに、朝起きたときや夜寝る前などに毎日10分やってみよう。
(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.39」から)

(9)サイドブリッジ=横向きの体を片手で支え、腰を上げる
(始めは左右各5回、慣れたら左右各10回)

体幹の姿勢維持に関わる腹斜筋や体重移動の際の横方向のバランスをとる中殿筋を強化します。

右手が下になるように横向きに寝ます。右手を伸ばして上体を起こします。右手の位置は肩の真下より少し外側になるようにし、腰を持ち上げたときに両手と胴体が十字になるように手のつく位置を調節します。

お腹の横に力を入れ、息を吸って吐きながら体を持ち上げます。左手は天井に向かって真っすぐ高く上げます。体の軸と広げた両手のラインが十字になるようにします。後頭部・腰・両かかとを結んだラインを真っすぐにします。この状態で10秒キープします。

体を入れ替え、左手を下にして同じ動作で10秒キープします。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
「パー3とパー5をボギーペースで回れれば100切りを可能にしてくれる」とタケ小山プロ

 今やオモシロ解説で大人気の「屋根裏のプロゴルファー」こと、タケ小山プロ。トーナメントの解説だけでなく、プレーのほうでも日本シニアオープンに出場するなど活躍している。そんなタケさんが我々アマチュアのた …続き (2018/12/24)

「距離が短いパー5のホールだからこそワナがある」とタケ小山プロ

 今やオモシロ解説で大人気の「屋根裏のプロゴルファー」こと、タケ小山プロ。トーナメントの解説だけでなく、プレーのほうでも日本シニアオープンに出場するなど活躍している。そんなタケさんが我々アマチュアのた …続き (2018/12/19)

ライに隠れているワナを見つけ出すことがベストスコアをたたき出す近道

 今やオモシロ解説で大人気の「屋根裏のプロゴルファー」こと、タケ小山プロ。トーナメントの解説だけでなく、プレーのほうでも日本シニアオープンに出場するなど活躍している。そんなタケさんが我々アマチュアのた …続き (2018/12/17)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]