2018年10月17日(水)

10/17 1:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,549.24 +277.94
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,420 +230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

みずほ証券 三浦 豊

10月16日(火)14:19

9月の訪日客 5年8ヵ月ぶりに減少[映像あり]

世界の海外直接投資が前年比4割減 18年上期

10月16日(火)13:05

[PR]

M&Aニュース

フォローする

アステラス、遺伝子治療の英スタートアップ買収

スタートアップ
ヘルスケア
2018/8/10 15:58
保存
共有
印刷
その他

アステラス製薬は10日、遺伝子治療に関する研究開発の英スタートアップ、キューセラを買収したと発表した。同社は緑内障など眼科分野の遺伝子治療を手掛ける。アステラスは今後の研究開発の成果に応じ、キューセラに最大で8500万ポンド(約120億円)を払う可能性がある。

同日付でキューセラを完全子会社化した。同社は視覚が狭くなる緑内障向けの遺伝子治療法で、新たな治療法の開発を進めている。現在の治療は眼圧を下げる方法が主流だが、キューセラは無害化した特殊なウイルスを体内に入れることで、視覚情報を伝える細胞の再生を促す。

アステラス製薬の安川健司社長は「従来のアプローチと違い、難治性緑内障の治療の選択肢にできる」とのコメントを出した。

遺伝子治療の分野でアステラスは14年に、ハーバード・メディカルスクールと網膜色素変性症の共同研究契約を結んだ。16年には東北大学スタートアップのクリノから、網膜色素変性症に対するアデノ随伴ウイルスの全世界での開発・商業化権を取得している。キューセラの買収で、遺伝子治療への取り組みを加速する。

アステラスはこのほか、ES細胞を使った眼科領域の再生医療の研究も進めている。

(西岡杏)

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム