2018年11月14日(水)

7月の中途求人倍率2.25倍 民間調査、ITに需要集中

2018/8/10 13:48
保存
共有
印刷
その他

パーソルキャリア(東京・千代田)が10日発表した7月の中途採用の求人倍率は前月より0.18ポイント低い2.25倍だった。求人数の大幅な伸びが一服する一方、求職者が増えた。人手不足感が特に強いIT(情報技術)業界とメーカーに新規の求人が集中する傾向が鮮明になっている。

転職希望者の増加が続いている

求人数は前年同月比7.7%増。例年に比べると高水準だが、前月比では0.5%減と3カ月ぶりに減少した。「今年度分の中途採用の求人を6月までに前倒しで出した反動の可能性がある」(転職サイト「DODA」の大浦征也編集長)

IT・通信の求人数は前月比2.0%増、メーカーは同1.3%増。「好業績を受け、技術者を中心に追加の求人が出ている」(同)という。

求職者は同7.1%増だった。例年、ボーナス支給後の7月は転職活動が増えるが、今年は例年以上の伸びとなった。

同業大手のリクルートキャリア(同)が同日発表した中途求人倍率は前月比0.03ポイント高い1.8倍だった。自動車メーカーでまとまった新規求人が出たことなどから求人数は前月比3.7%増えた。電気エンジニアの求人倍率は3.21倍と人手不足が続いている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報