2019年1月18日(金)
スポーツ > 競馬 > 栗東通信 > 記事

栗東通信

フォローする

外国人騎手の最多勝争い 好対照の個性 見応え十分

2018/8/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

2015年にミルコ・デムーロ(39、栗東・フリー)とクリストフ・ルメール(同)の両外国人が、日本中央競馬会(JRA)の通年免許を取得したとき「これからはこの2人が最多勝争いをするのだろう」と思ったファンは多かったはず。実際、17年にルメールが最多勝を獲得したものの、過去3年はこの2人の一騎打ちとはならなかった。ただ、今年は様相が違う。すでに最多勝争いの1、2位に名前を並べ、3位以下を大きく引き離している。

ルメールは年間200勝を目指す(写真は6月の安田記念優勝時、東京競馬場)=共同

ルメールは年間200勝を目指す(写真は6月の安田記念優勝時、東京競馬場)=共同

最多勝争いの首位を走るルメールは5日現在で108勝。直近も好調で、4、5日の2日間で6勝を挙げた。外国人騎手として初めて最多勝に輝いた昨年は199勝を挙げ、2位の戸崎圭太(38、美浦・田島俊明厩舎)に28勝の大差をつけた。心残りは、03~05年の武豊(49、栗東・フリー)以来、史上2人目となる年間200勝にわずかに届かなかったことか。今年は「200勝を達成できるよう頑張りたい」とルメールは語る。

2位は101勝のデムーロ。4、5日は3勝でルメールとの差は開いたが、今年は例年以上に好調だ。例えば、連対率(騎乗したうち2着以内に入った割合)では、ルメール(41.3%)を上回る42.9%を記録する。最多勝ランキングでは15、17年の3位が最高。初の最多勝獲得へ期待も高まる。

例年、この2人の壁となっていたのが戸崎だった。だが、今年は現時点で71勝。最多勝ランキング3位につけているとはいえ、ルメールとデムーロとの差も開いている。今年に関しては、最多勝争いは外国人同士の一騎打ちと言って良さそうだ。

すぐに好位置を取れ、温存したエネルギーを最後に馬に発揮させるルメールと、展開次第では早いタイミングでも動く、積極性が持ち味のデムーロは対照的な個性を持つ。デムーロの特長が今年、最もよく表れたのが、スワーヴリチャード(牡4)で勝った大阪杯(G1)だろう。レース前半は後方にいたが、スローペースとみるやバックストレッチで一気に先頭にまで進出し、そのまま押し切った。

ルメールはアーモンドアイ(牝3)とのコンビで達成した牝馬2冠が印象的。特にオークス(G1)は馬が前に行きたがり、それまでのレースよりも前の位置取りとなりながらも、うまく折り合いを付け、最後の直線で抜け出した。モズアスコット(牡4)で安田記念にも勝ち、ここまでG13勝。大レースでも活躍が目立つ。好対照な騎乗スタイルの2人だけに、最多勝争いは見応え十分である。

(関根慶太郎)

栗東通信をMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

栗東通信 一覧

フォローする
アドマイヤマーズ(右)は朝日杯FSを勝った(16日)=共同共同

 12月の阪神競馬の注目レースは朝日杯フューチュリティステークスと牝馬限定の阪神ジュベナイルフィリーズの2つの2歳G1(いずれも芝1600メートル)。今年は9日の阪神JFをダノンファンタジー(栗東・中 …続き (2018/12/29)

リスグラシューがエリザベス女王杯を勝ってから関西馬のG1勝利はない=共同共同

 秋のG1戦線で関西馬の勝ち星が減っている。9月末のスプリンターズステークス(中山芝1200メートル)からこれまでに7戦のG1が行われたが、関西馬はわずかに2勝。前年同期の6勝から大幅に減り、スプリン …続き (2018/12/1)

クラシックの有力馬の一角、ケイティブレイブ(栗東トレーニング・センター)

 日本中央競馬会(JRA)の競馬場で「地方の祭典」――。地方競馬場の持ち回りで行われていたJBC(ジャパン・ブリーディングファームズカップ)が4日、京都競馬場で行われる。中央の競馬場でJBCを開催する …続き (2018/11/4)

ハイライト・スポーツ

[PR]