島根原発3号機の審査申請 中国電、規制委に

2018/8/10 10:29
保存
共有
印刷
その他

中国電力は10日、島根原子力発電所3号機(松江市)の新規稼働に向けた安全審査を原子力規制委員会に申請した。建設中の原発の申請はJパワー大間原発(青森県大間町)に続き2例目。建物や設備はほぼ完成している。審査の進捗によっては、東日本大震災後に新規稼働する初の原発となる可能性がある。

申請書を手渡す中国電力の北野常務執行役員(右)

10日午前に北野立夫常務執行役員が規制庁を訪れ、申請書を手渡した。申請後、北野氏は現在審査中の島根2号機に触れつつ「まずは2号機を優先して審査してもらいたい」とした上で「2号機に集中することが3号機の早期稼働につながるとみている。老朽発電所の代替電源として一刻も早く3号機を稼働させたい」と話した。

島根原発は国内原発で唯一県庁所在地にある。東京電力福島第1原発と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)だ。2号機は今年2月に耐震設計の目安となる基準地震動が決まった。中国電は2号機に隣接する3号機も同じ基準地震動になるとみている。昨年審査に合格した同型の東電柏崎刈羽原発(新潟県)などを参考にした安全対策工事も2019年度上期中に終える。

中国電は発電設備の老朽化が進む。20年代半ばには運転開始40年を超える火力発電所が500万キロワットに達する。石炭、原油など燃料価格の上昇で18年4~6月期決算は5年ぶりの最終赤字だった。自由化以降、関西電力や新電力との競争も激しい。収益や温暖化ガスの削減を考慮し、早期の原発稼働を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]