米女子生徒24%が自傷行為 6万人調査、男子は11%

2018/8/10 9:49
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米ポートランド大などのチームが米国の計約6万5千人の生徒(14~18歳)を対象にした米疾病対策センター(CDC)のアンケートを分析し、女子生徒の約24%が自らを傷つける「自傷行為」を少なくとも1度経験しているとの調査結果をまとめた。男子生徒は約11%だった。

アンケートは2015年に11州で実施。チームは「男女共に多く、公衆衛生上の重大な問題だ。学校や地域ぐるみの対策が必要かもしれない」と警鐘を鳴らした。

全体で約18%が過去1年に自分を切り付けたり、やけどさせたりといった行為を経験。6回以上した生徒も5.5%を占めた。

性的暴行やインターネット上でいじめを受けた生徒や同性愛の生徒、過去に自殺を考えたことがある生徒は、そうでなかった生徒よりも1.5倍~3倍多く自傷行為をしていた。人種別では、ヒスパニック(中南米系)や白人などの方が黒人やアジア系より多かった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]