/

戦争伝える「聴音壕」、敵機の音聞き分け 岩手・花巻

太平洋戦争中、接近する飛行機の音で敵味方の区別や数、距離などを聞き分けるために建てられた「聴音壕(ごう)」と呼ばれる建物が、岩手県花巻市に残っている。少年らが壕内で聞いた音を基に空襲警報が発令された。地元の歴史研究家は「非常に原始的で、戦争の愚かさを伝える遺跡だ」と話している。

JR花巻駅の南西約1キロの住宅街。草が生い茂る民有地に高さ約3メートル、直径約3.5メートルの円筒形の建物がたたずむ。れんが造りの建物の上部からは、中で成長した雑草があふれるように姿を見せている。

「当時、周りは一面田んぼ。軍事施設と分からないよう、かやぶき屋根が付けられていたそうです」。県内の戦争史を研究する花巻市の行政書士、加藤昭雄さん(72)は説明する。

聴音壕は、1941年の防空監視隊令に基づき、敵の飛行機などを見張るために各地に造られた。主に高台がない平野部に設置され、周りの音を遮断して上空の音を集めやすいように円筒形やラッパ形のものが多いという。

成人男性は徴兵されたため、壕内には主に16~19歳の少年たちが入った。1人が壕内、もう1人は外で双眼鏡を使った。情報は電話で各地の陸軍部隊に伝えられた。

加藤さんによると、学校で飛行機の爆音のレコードをかけ、機種などを聞き分ける練習もしていたという。しかし、空襲警報が鳴った時は飛行機が既に接近していることが多く、役に立たなかった可能性も高い。

加藤さんは「米国はレーダーを装備していた時代。調べれば調べるほど、戦争は愚かなものだと分かる」とため息をついた。

花巻市では45年8月10日、空襲で40人以上が犠牲になった。「戦争は、全国津々浦々に浸透し、人を不幸にする。私たちの町にも戦争があったことを、聴音壕から知ってほしい」と加藤さんは願う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン