2018年8月19日(日)

その他スポーツ

萩野「上が見えた」 東京へ希望つなぐ「銀」

2018/8/9 23:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 世界選手権覇者のケイリシュには後半にあっさり逆転を許し、リオデジャネイロ五輪後に立ちはだかる4分10秒の壁はまたも破れなかった。それでも、萩野の表情はこの2年で一番晴れやかだった。「ポジティブにレースができた。自分にとってとても大事な、刺激的な1日となった」

 リオ五輪後、萩野は長いトンネルを歩いてきた。右ひじの故障や、泳げなくなるほどの体調不良に、金メダリストとしてのプレッシャー。「レースにいろ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプ女子は18日、チェコのフレンシュタートで個人第4戦(ヒルサイズ=HS106メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)が98メートル、102.5 …続き (9:59)

W杯ボルダリング女子総合優勝し、表彰式で笑顔を見せる野中生萌(中央)と同2位の野口啓代(左)。右は同3位のファニー・ジベール(18日、ミュンヘン)=共同

 【ミュンヘン=共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング最終戦となる第7戦は18日、ミュンヘンで準決勝と決勝が行われ、女子は2位に入った21歳の野中生萌(TEAM au)が初の年 …続き (8:11)

公式練習で調整する池江=共同

 19日から競技が始まる競泳陣が18日、本番会場で練習を行った。女子のエース、池江璃花子(ルネサンス)は「すごい気持ちが入っている。楽しみながらレースに集中したい」と抱負を述べた。
 ジャカルタでの練習 …続き (0:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]