2019年5月25日(土)

トルコ、中期経済計画の大枠を10日に発表
通貨リラ急落で前倒し

2018/8/9 23:00
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコのアルバイラク財務相は10日、今後3年程度を対象とする中期経済計画の大枠を発表する。トルコ在住の米国人牧師拘束問題を巡る米国との対立で通貨リラが急落している。9月に全体像を公表するとしてきたが、金融市場の懸念を払拭するため、前倒しを決めた。

トルコリラは急落している=ロイター

9日の財務省声明によると、2019年は国内総生産(GDP)成長率3~4%、インフレ率の1桁台への早期引き下げを目指すという。17年の成長率は7.4%だった。直近のインフレ率は約16%に達する。

GDP比で現状6%超の経常赤字も4%程度への低下を見込むとしている。一時的な景気減速を許容して、不均衡の是正を図る考えとみられるが、金融市場が納得する具体策を打ち出せるかが注目される。

アルバイラク氏はエルドアン大統領の娘婿で、7月にエネルギー天然資源相から横滑りで起用された。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報