ボランティア動員、企業は慎重に アウラ心理教育センター所長
復興関係者らの休み確保重要

2018/8/9 21:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本豪雨から1カ月。被災者の物理的な生活再建が動き出し、今後は心理的支援も重要な課題になってくる。消防庁「緊急時メンタルサポートチーム」専門家でもある臨床心理士の本多公子アウラ心理教育センター(岡山市)所長に、注意点を聞いた。

――災害が少ないことをアピールしていた岡山で、思わぬ被災でした。

「災害慣れしていないので、岡山の人は上手に『助けて』を言えず、思いをため込んでしまいがち。惨事ストレス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]