2019年4月24日(水)

群馬県、農畜産物のブランド化推進へ協議会

2018/8/9 21:10
保存
共有
印刷
その他

群馬県は9日、農畜産物のブランド化と地産地消の推進をめざす「群馬県農畜産物ブランド戦略協議会」の第1回会議を開いた。生産、流通、観光、メディアなど各分野の有識者が県の現状の取り組みを検証したほか、2018年度の県のブランド戦略について意見を交わした。

県産農畜産物のブランド力の強化に向けた戦略を話し合った(9日、前橋市)

協議会は群馬大学の小竹裕人准教授が会長を務め、JA群馬中央会の藤井啓太郎専務理事や、テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」のプロデューサーで制作会社ハウフルスの清水紀枝氏など12人の委員で構成する。

この日の会議では、県産農畜産物であることを示す統一ロゴマークについて、委員から「農家だけでなく消費者の目に入る工夫をすべきだ」といった意見が出た。「マークを貼ることで農家にどんなメリットがあるかがわかりにくい」という指摘もあった。

同協議会は2004年に設立した「ぐんま地産地消県民運動推進会議」と、10年に設立した「群馬県農畜産物販売戦略協議会」を統合して設置した。第2回は19年2月に開く予定で、18年度の取り組みの検証や次年度の施策について話し合う。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報