2018年12月12日(水)

米経済制裁は「違法」と非難 ロ大統領報道官

2018/8/9 21:30
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアのペスコフ大統領報道官は9日、米国の新たな経済制裁を「違法で容認できない」と非難した。詳細は公式に確認していないとしたうえで「米国は国際問題で予測不能な参加者になっている」と述べ、どんな制裁も科されうると警戒感を示した。ロシアは米ロ関係の改善を引き続き期待するとも言明し、対立激化を避けたい考えもにじませた。

モスクワで記者団に語った。ペスコフ氏は「経済は十分安定している」と強調し、制裁が打撃になるとの見方の打ち消しに努めた。対象がアエロフロート・ロシア航空の米国発着便の停止など広範囲に及ぶ可能性があり、懸念が広がっている。

ペスコフ氏は制裁の決定は「非友好的で(7月の)米ロ首脳会談の建設的な空気に反する」と批判。米ロ関係は世界の安定に資するとして、関係構築の重要性を訴えた。

ロシアはこれまで米国内の政治対立が米ロ関係の改善を妨げているとの持論を展開してきた。これ以上の制裁強化を避けるため、対話継続を求める立場を維持するとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報