/

日大チア部、監督が部員にパワハラか 監督は解任

日本大応援リーダー部(チアリーディング部)の女子部員が9日、女性監督から暴言などのパワハラを受けていたとする声明を代理人弁護士を通じて公表した。日本大は同日付で女性監督を解任。日大を巡ってはアメリカンフットボール部の悪質な反則問題が起きており、運動部のガバナンスが問われている。

声明によると、パワハラ行為があったのは2月上旬。監督から「ずる賢いバカは嫌い」と言われたほか、強豪である出身高校のウエアを着ていたことについて「過去の栄光にすがりついている」と叱責されたりした。このため自殺を考えるほど精神的に追い詰められ、恐怖のため大学に通うことができなくなったという。

女子部員と家族は、大学内で各運動部を束ねる保健体育審議会や人権相談窓口に、監督への指導や事実確認をたびたび要請したが、「できることはもうない」などと対応を一方的に打ち切られたという。

日本大企画広報部は「学生の指導に支障を来すことが懸念される」として9日付で女性監督を解任した。本件については「学内の人権救済委員会で調査を進めており、近く結論を出す」としている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン