九大発のキューラックス、有機ELの新材料
個性派企業ファイル

2018/8/9 18:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

有機ELディスプレーに使う新たな発光材料を開発する九州大学発ベンチャー、Kyulux(キューラックス、福岡市)。従来より原材料コストを10分の1程度に抑えられるほか、発光しにくかった青色にも対応できる。韓国の大手メーカーなどから高評価を得ており、テレビやスマートフォン(スマホ)などの画面に使われる日も近そうだ。

「このままいけばものになると思うよ」。6月上旬、韓国にあるサムスンディスプレーの研究…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]