/

最軽量の飲料用スチール缶 東洋製缶と新日鉄住金が開発

東洋製缶グループホールディングス傘下の東洋製缶と新日鉄住金は9日、飲料用で世界最軽量のスチール缶を開発したと発表した。東洋製缶が得意とする缶の加工や飲料の充填技術に、新日鉄住金の鋼板製造技術を組み合わせ、従来品よりも約4割軽くした。飲料分野でペットボトルやアルミ缶が増えるなか、スチール缶の採用拡大を狙う。

新開発のスチール缶は、缶内の空気圧を外気圧より高くすることで、缶が薄くても強度を維持できる。従来品は内部の空気圧が外気圧より低く、へこみやすい。強度を維持するためには缶の厚みが必要で、軽量化が難しい原因となっていた。

缶の素材は、新日鉄住金が業界で最も薄い0.17ミリメートルの鋼板を開発。容量200ミリリットルの缶の場合、重量を従来品の26.7グラムから16.2グラムに軽減した。5月からダイドードリンコの缶コーヒーに使われている。

缶コーヒーでは殺菌処理や缶をたたく検査の必要があり、強度の高いスチール缶が主流で全体の7割以上を占めるという。しかし、軽量のアルミでも検査できる技術が発達してきており、スチール缶も軽量化で対抗することが課題だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン