インド、ネット出前急成長 20年に5倍の4000億円
飲食サイトのゾマトが自前配達網 食の多様化が後押し

2018/8/9 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドでインターネットを利用した食事の宅配市場が急拡大している。ゾマト・メディアなどスタートアップ企業が競って宅配網を整備し、市場規模は2020年に40億ドル(約4400億円)と17年に比べ5倍強に膨らむ見通しだ。スマートフォン(スマホ)の普及のほか、暑さや交通渋滞といったインド特有の厳しい環境や食生活の多様化が市場急拡大を後押ししている。

インド料理店のほか、サンドイッチ店「サブウェイ」やピザ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]