全日空の欠航の原因、エンジンの金属疲労
米サウスウエスト機では爆発事故も

2018/8/9 16:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全日本空輸の国内線と国際線の一部で欠航が続いている。使用するボーイング787でエンジンの点検が必要になったためだ。その原因は金属疲労で、最悪の場合、亀裂が生じて壊れる恐れがある。4月には米サウスウエスト機で飛行中にエンジンが爆発した。2017年末に新幹線のぞみの台車にひびが入った事故なども金属疲労が原因と指摘されている。数は減っているものの、今でも事故は起き続けている。

B787には英ロールス・…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]