/

この記事は会員限定です

仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発、米システム大手

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】米先物取引システム大手、トレーディング・テクノロジーズ(シカゴ)は、仮想通貨取引の不正摘発ソフトを開発した。仮想通貨交換所が今後の規制強化に向けて準備を進めるなか、不正を自動で検知するソフトへの需要が高まると判断した。まず英仮想通貨交換所のコインフロアにソフトを提供する契約を結んだ。

このソフトは最先端の人工知能(AI)を搭載し、取引業者から集めた過去のデータを基に不正取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン