/

米NYタイムズ、4~6月 51%増益

電子版購読者増が貢献、伸びは鈍化

【ニューヨーク=清水石珠実】米新聞大手ニューヨーク・タイムズが8日発表した2018年4~6月期決算は、純利益が前年同期比51%増の2360万ドル(約26億円)となった。売上高は2%増の4億1460万ドル。電子版の購読者増が続き、利益率を押し上げた。他紙の印刷・配達請負や本社ビルの一部貸し出しなどによる収入源の多様化努力も貢献した。

電子版の有料会員数は3カ月間で6万8千人増え、18年6月末時点では239万8千人となった。ただ、増加幅が前年同期(9万3千人の増加)を下回ったことで成長鈍化が意識され、同社株は8日、前日比7%安で引けた。クロスワードや料理レシピなどのスマートフォン向けアプリを含めると有料会員は合計で289万2千人と、前年同期比で24%増えた。

収入別にみると、購読料収入が4%増だった一方で、広告収入は10%減となった。電子版の契約者は順調に伸びているが、デジタル広告は8%減と苦戦した。紙媒体向けの広告は12%減だった。前年同期は同年1月にトランプ政権が発足した影響で米国民の間でニュースへの関心が急速に高まり、広告収入を押し上げていたという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン