2018年8月18日(土)

中国、報復関税第2弾を発表 品目入れ替え原油外す

中国・台湾
北米
2018/8/8 23:01
保存
共有
印刷
その他

 【北京=原田逸策】中国商務省は8日夜、米国からの輸入品160億ドル(約1兆8千億円)相当に25%の関税を上乗せする措置を23日に発動すると発表した。7日にトランプ政権が第2弾の対中制裁関税の23日からの実施を発表したことに同規模で対抗する。ただ、対象品目は6月に公表した内容から大幅に入れ替えた。原油を外す一方、自動車の対象品目を大幅に増やした。

中国は追加関税をかけた自動車の対象車種を大幅に広げた(習近平国家主席)=共同

中国は追加関税をかけた自動車の対象車種を大幅に広げた(習近平国家主席)=共同

 中国商務省の報道官は「中国は自らの正当な権益と多角的貿易体制を守るため必要な反撃を取らざるをえない」との談話を発表した。米国の対中制裁関税の発動時間にあわせ、北京時間23日午後0時1分(日本時間同日午後1時1分)に発動する。

 160億ドル分のリストは6月に公表済みだが、対象を入れ替えた。品目数は114から333に増えた。原油に高関税をかければ、国際価格が高騰した時に純輸入国の中国に不利と判断したようだ。7月6日から追加関税をかけた自動車の対象車種を大幅に広げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報