上期の海外直接投資、証券上回る 「海外事業で稼ぐ」鮮明に

2018/8/8 20:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業が海外事業で稼ぐ構図が鮮明になっている。財務省が8日発表した2018年上半期(1~6月)の国際収支統計速報によると、子会社から受け取る配当金などを示す直接投資収益は前年同期比で18%増の5兆1658億円の黒字。一方、資産運用を目的に保有する株式や外債の運用益などからなる証券投資収益は5%減の4兆9181億円だった。半期では直接投資収益が証券投資収益を初めて上回った。

08年のリーマン・シ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]