「韓流」動画配信も着々 CJグループ、音楽番組など
「48」アイドル選挙、100万人注目

2018/8/8 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国のコンテンツ輸出が動画配信に乗り、勢いを増している。担い手はメディア大手のCJグループ。音楽番組などを自社運営のケーブルテレビや衛星放送で流すばかりでなく、米ネットフリックスなど世界の巨大な動画サービスと配信契約を結び、韓流コンテンツの「出口」を広げている。スマートフォン(スマホ)視聴に適した番組の制作力を高めるなど、布石を打つ。

8月31日、世界で100万人規模の韓流ファンが注目する"選挙…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]