/

この記事は会員限定です

仮想通貨「東証上場」に食指 香港企業が買収提案

[有料会員限定]

東京証券取引所第2部のある上場企業を巡り、「市場の番人」である東証に緊張が走っている。この企業が6月、香港拠点の仮想通貨会社ノア・アーク・テクノロジーズから事実上の買収提案を受けたからだ。国内で仮想通貨業者と認められていないノアが、東証の上場企業を傘下に収めることに問題はないのか。仮想通貨と距離を置いてきた東証には戸惑いも広がる。

買収提案を受けたのは2部上場のビート・ホールディングス・リミテッド。旧社名が「新華ファイナンス」と聞けば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン