2018年10月16日(火)

10/16 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 大幅反落、2カ月ぶり安値 為替条項警戒で輸出関連が下押し
  2. 2位: 消費増税、「キャッシュレス決済」銘柄に市場が注目[有料会員限定]
  3. 3位: ムニューシン発言が揺さぶる日本株、業績上振れ期待に暗雲[有料会員限定]
  4. 4位: 外為17時 円、反発 一時1カ月ぶり高値 対ユーロでも反発
  5. 5位: マネフォ、最終赤字5億円 人件費増

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,271.30 -423.36
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,190 -460

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

岡崎良介の点と線[映像あり]

10月15日(月)14:18

官房長官 フェイスブックの情報流出「日本人も可能性」[映像あり]

経産省が小規模太陽光の規制強化 FIT認定取り消しも

10月15日(月)13:03

[PR]

業績ニュース

大塚HDの今期、一転増益に 新薬伸びる

企業決算
2018/8/8 20:30
保存
共有
印刷
その他

大塚ホールディングスは8日、2018年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比2%増の1150億円になりそうだと発表した。従来予想(7%減の1050億円)から一転増益となる。抗精神病薬など好採算の新薬販売が伸びる。持ち分法適用会社の子会社化に伴う評価益も貢献する。

売上高に相当する売上収益は5%増の1兆3000億円を見込む。抗精神病薬の「エビリファイメンテナ」や「レキサルティ」など、成長源と位置づける主力3製品が3割超の増収となる見通しだ。

営業利益は39%増の1450億円と、従来予想を50億円引き上げた。持ち分法適用会社だった米医療機器ベンチャーのリコー・メディカルを子会社化したことによる株式評価益などが利益を押し上げる。

同日発表した18年1~6月期の連結決算は、売上収益が前年同期比4%増の6183億円、純利益は51%増の638億円だった。記者会見した樋口達夫社長は「主力品が大きく伸び、確実な成長軌道に入った」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム