2018年8月19日(日)

8/19 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「孤客」消費が止まらない[有料会員限定]
  2. 2位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  3. 3位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]
  4. 4位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  5. 5位: 中国国有企業、ROE10年で半分 規模拡大も質伴わず[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

業績ニュース

猛暑で蚊も夏バテ? フマキラやアース製薬、大幅減益

企業決算
ヘルスケア
2018/8/8 16:39
保存
共有
印刷
その他

 猛暑で蚊も夏バテ――。殺虫剤大手が異例の暑さによる需要低迷に苦しんでいる。

 フマキラーが8日発表した2018年4~6月期の連結決算は、純利益が3億1400万円と前年同期比73%減った。6月は例年より気温が高く、蚊の活動量が低下。主力の殺虫剤の販売が苦戦した。

 売上高も5%減の138億円と、4~6月期としては6期ぶりに減収となった。佐々木高範取締役は「過去にない気温上昇で、先行きも読めない」と7月以降の業績へのダメージを心配する。

 アース製薬も6日に発表した18年1~6月期連結決算で、純利益が前年同期比35%減の40億円だった。殺虫剤では蚊・ハエ用だけでなく、ゴキブリ用も低迷した。

 両社の株価にも夏バテ感が漂う。フマキラ株は8日午後1時の決算発表を受け、一時前日比7%安の1606円まで急落。約1年3カ月ぶりの安値をつけた。アース製薬株は決算発表翌日の7日に一時10%安の4890円まで下げ、約1年6カ月ぶりの安値に沈んだ。

 一方、両社ともに通期で増収増益を見込む予想は据え置いた。アース製薬の川端克宜社長は「夏バテ気味の蚊の『復活』を待ちたい」と残暑の需要拡大に期待をかけていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム