/

猛暑で蚊も夏バテ? フマキラやアース製薬、大幅減益

猛暑で蚊も夏バテ――。殺虫剤大手が異例の暑さによる需要低迷に苦しんでいる。

フマキラーが8日発表した2018年4~6月期の連結決算は、純利益が3億1400万円と前年同期比73%減った。6月は例年より気温が高く、蚊の活動量が低下。主力の殺虫剤の販売が苦戦した。

売上高も5%減の138億円と、4~6月期としては6期ぶりに減収となった。佐々木高範取締役は「過去にない気温上昇で、先行きも読めない」と7月以降の業績へのダメージを心配する。

アース製薬も6日に発表した18年1~6月期連結決算で、純利益が前年同期比35%減の40億円だった。殺虫剤では蚊・ハエ用だけでなく、ゴキブリ用も低迷した。

両社の株価にも夏バテ感が漂う。フマキラ株は8日午後1時の決算発表を受け、一時前日比7%安の1606円まで急落。約1年3カ月ぶりの安値をつけた。アース製薬株は決算発表翌日の7日に一時10%安の4890円まで下げ、約1年6カ月ぶりの安値に沈んだ。

一方、両社ともに通期で増収増益を見込む予想は据え置いた。アース製薬の川端克宜社長は「夏バテ気味の蚊の『復活』を待ちたい」と残暑の需要拡大に期待をかけていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン