/

この記事は会員限定です

違いを強みに 障害者の視点を生かす

(ポスト平成の未来学)

[有料会員限定]

障害者も健常者も、誰もがその人らしく暮らせる「共生社会」。今、その実現に向け、法定雇用率の引き上げなど、様々な枠組み整備が官民で進められている。一方、健常者との「差」を個性として捉えきれないことから生じる偏見は、なお社会に根強く残る。共に支え合うことで、こうした心の壁を乗り越えつつある現場が農業やオフィスの最前線にあると聞き、取材に向かった。

農業の重労働を受託

「みんなの役にたてることはうれしい。貯金があれば、おい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン