2018年9月19日(水)

ディーゼル再興 常識覆すマツダ、20年規制達成へ
ディーゼル再興にのろし(上)

自動車・機械
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/9/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ディーゼルエンジン車の販売に強烈な逆風が吹く中、マツダが再興にのろしを上げた。新開発の排気量1.8Lのディーゼルエンジンで、高価な尿素SCR(選択型還元触媒)を使わずに、2020年から欧州で始まる厳しい排ガス規制を達成する見通しであることが分かった。

■CX-3に新エンジン搭載

 従来の排気量は1.5Lで、0.3L増やした。排気量を増やす手段は、出力向上につなげるのが普通である。マツダは排気量増加を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報