/

大石膏盛堂、20億円で工場増設 帯状疱疹後神経痛の治療薬を初輸出

医薬品メーカーの大石膏盛堂(佐賀県鳥栖市、野中良司社長)は、総工費20億円をかけ鳥栖市内の山浦工場を増設した。国内向け医療用医薬品のほか、今夏から米国への輸出を開始した帯状疱疹(ほうしん)後神経痛治療薬の製造も行う。

大石膏盛堂は1907年(明治40年)創業。貼り薬に特化し、家庭配置薬(置き薬)への供給を経て、現在は大手製薬会社などへのOEM(相手先ブランドによる生産)が主力になっている。2018年8月期の売上高は94億円を見込む。

6年ぶりに増設した山浦工場の第4棟は製造エリアを従来の3倍に広げ、空調設備や防虫対策を強化するなど最新設備を導入した。後発薬の増産にも努める。

また、8年がかりで米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、共同開発した米社との販売に向け7月から米国へ帯状疱疹後神経痛の治療薬の輸出を始めた。従来の20分の1の薬物含有量で同等の効果が得られるという。同社にとって初の医薬品輸出。野中良司社長は「海外は飲み薬や塗り薬が主流。FDAの承認を得るのが難しかったが、これを機に貼り薬の文化を広げたい」と意欲を語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン