2019年5月23日(木)
スポーツ > ニュース > 記事

スポーツニュース

山根ボクシング連盟会長が辞任表明 「選手に申し訳ない」

2018/8/8 12:36
保存
共有
印刷
その他

アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長が助成金の不正流用などの疑惑を告発されていた問題で、山根会長は8日、大阪市内で記者団の取材に応じ「本日をもって辞任する」と会長を辞任する考えを明らかにした。過去の暴力団組長との交友も批判を受けていた。

山根会長は「応援してくれた皆さまに感謝申し上げる。選手の皆さんには申し訳ない」と述べた。記者からの質問には応じなかった。

日本ボクシング連盟を巡っては、運営に問題があるとして、各都道府県の連盟会長ら約330人が7月に日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を出した。

告発状は、五輪男子代表選手に日本スポーツ振興センター(JSC)が出した助成金を山根会長の指示で3選手で分けたこと、同会長がかつて役員を務めた奈良県の選手を勝たせるよう審判への不当な圧力があったこと、同会長に対する過剰な接待などを指摘した。

山根会長はこれまで、助成金の分配を指示したことや、一部で報道された暴力団組長との交友について認める一方、審判への圧力や過剰な接待を要求した疑惑は否定していた。

7日に開かれた連盟の緊急理事会で、山根会長は「このような事態になったことは会長として申し訳ない」と謝罪。終了後、自身の去就について理事会から一任されたことを明らかにしていた。

スポーツ庁の鈴木大地長官は7日、過去の暴力団組長との関係などについて「事実であれば辞任に値する」と述べた。連盟は事実関係を検証するため、近く第三者委員会を設置する方針を示している。

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 【ロンドン=共同】ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)が22日、ダブリンで開いた理事会で、2022年の新設を目指す国際大会「ネーションズ選手権」から日本を除外する案を却下したと英紙テレグラ …続き (9:30)

記者会見するIOCのバッハ会長(22日、ローザンヌ)=ロイター

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日、スイスのローザンヌで開いた理事会後に記者会見し、2020年東京五輪の実施競技から除外の可能性もあったボクシングを存 …続き (9:48更新)

エクアドル戦に向け調整する日本イレブン(22日、ビドゴシチ)=共同

 【ビドゴシチ(ポーランド)=共同】サッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)ポーランド大会で1次リーグB組の日本は開幕日の23日午後8時半(日本時間24日午前3時半)からビドゴシチでエク …続き (8:42)

ハイライト・スポーツ

[PR]