/

リニア工事の環境影響検証 静岡県が有識者会議

(更新)

静岡県は8日、リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事が大井川などの自然環境に及ぼす影響を検証する有識者会議の初会合を県庁で開いた。冒頭で川勝平太知事は「南アルプスにリニア中央新幹線を通すことで悪影響があってはならない。(有識者に)忌憚(きたん)ない意見を賜りたい」とあいさつした。

リニア中央新幹線南アルプストンネル工事の自然環境に及ぼす影響を検証する有識者会議(8日午前、静岡県庁)=共同

会議は、地質構造・水資源部会と生物多様性部会に分かれ、それぞれ大井川水系や野生動植物への影響などを議論。水資源部会では、大井川を巡るJR東海と県の見解の違いや利水状況などを県側が説明した。

神戸大の大石哲教授(水文気象学)は「工事は予測できないことが多数出てくると思う。事業者はデータを明らかにし、しかるべき対応をしてほしい」と話した。

リニア工事を巡っては、トンネル掘削で地下水が漏れて大井川の流量が減ることへの対策で静岡県とJR東海が対立。2027年の開業を目指し各地で工事が始まる中、同県内では着工できていない。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン