/

津川雅彦さんが死去 「マルサの女」

(更新)

「マルサの女」など多くの映画に出演した俳優の津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名=加藤雅彦=かとう・まさひこ)さんが8月4日午後5時45分、心不全のため死去した。78歳だった。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は長女で俳優の真由子さん。

津川雅彦さん(2015年3月)

京都市出身。早稲田高等学院を中退後、文化学院短期大を卒業。祖父は「日本映画の父」といわれる牧野省三で、父はスター俳優だった沢村国太郎、兄は俳優の長門裕之という芸能一家で育った。妻は女優で4月に亡くなった朝丘雪路さん。おしどり夫婦として知られ、晩年は朝丘さんの介護を続けていたことを明かした。

1945年、5歳のときに「狐の呉れた赤ん坊」で映画デビュー。56年日活に入り石原慎太郎氏原作の「狂った果実」で知名度を上げた。代表作に「マルサの女」「マノン」「プライド 運命の瞬間」など。

テレビドラマでも活躍し2000年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」では徳川家康役を好演。マキノ雅彦名義で映画監督にも挑戦した。1974年には当時生後5カ月だった真由子さんが誘拐され、無事保護される事件を経験した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン