/

この記事は会員限定です

西友 緩む改革、消費者置き去り

[有料会員限定]

米ウォルマートはスーパー大手の西友を売却する方針だ。敗因は、店頭価格を安く保つ米国流のエブリデー・ロー・プライス(EDLP)戦略が、経営の緩みによって停滞していったことにあった。コスト改革が徹底されなかったうえ、卸取引など商慣習にうまく向き合うことができず、日本市場での勝ちパターンをつくれなかった。

「せっかく6月に新しい制服になって頑張ってるのに」。東京都内の店舗で働く女性は、西友が売却される...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン