/

この記事は会員限定です

サマータイム、欧米では広く導入

[有料会員限定]

サマータイムは欧米で広く導入されている。

米国では3月の第2日曜日の午前2時に時計の針を1時間進めて夏時間とし、11月の第1日曜日の午前2時に標準時間に戻す。サマータイムではなく「デイライト・セービング・タイム」と呼ぶ。夏を中心に日照時間が長い時間帯を有効に使うというのが本来の意味だ。連邦法により夏時間の導入は各州の選択に任されている。

英国では3月の最終日曜日の午前1時に時計の針を1時間進めて夏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン