2019年8月21日(水)

豪雨の日、119番2500件 倉敷市消防局「席から立てず」
通常の25倍

2018/8/7 21:41
保存
共有
印刷
その他

西日本豪雨で広範囲が浸水し50人以上の死者が出た岡山県倉敷市で、雨が激しさを増した7月6日午後10時からの24時間に2500件以上の119番が殺到したことが7日、倉敷市消防局への取材で分かった。同消防局の1日の平均通報数(約100件)の25倍に当たり、消防隊員は「電話が鳴り続け、席から立ち上がることもできない。異常な状況だった」と振り返る。

 西日本豪雨で広範囲が浸水した岡山県倉敷市真備町地区の住宅街(7月7日)=共同

同消防局は7月6日夕から全職員約460人を緊急招集。119番を受ける指令管制室は通常の約3倍の20人態勢で災害に備えた。

倉敷市は6日午後10時、真備町地区全域に避難勧告を出した。「裏山が崩れた」。勧告後で最初の被害通報とみられる電話は同34分ごろ、同地区の住民からだった。

午後11時35分ごろには隣接する同県総社市でアルミ工場が爆発し、付近の住宅なども延焼。直後から雨の状況や爆発音、避難に関する問い合わせで電話は鳴りっぱなしになった。消防局の職員は当初、通常通りパソコンに通報内容を打ち込んだが追いつかず、黒板もすぐ情報で埋まった。その後は通報内容を紙に手書きし、指令者が現場に救助要請を出し続けた。

真備町地区など小田川の北側一帯に避難指示が出たのは7日午前1時半。その後、小田川と高馬川の合流地点付近などで堤防決壊が確認された。

「川の水があふれそう」「家の人が逃げ遅れた」。夜明けとともに水浸しになった地区の全貌があらわになった午前5~6時には、119番は1時間当たりピークの183件に。その後も通報は殺到し、100件をようやく切ったのは午後5時を過ぎてからだった。

浸水した自宅の2階に取り残された同地区の70代男性は、何度も119番し救助を求めた。消防隊員と電話がつながっても「救助に行けないかもしれない。できる限り自分の命を守る努力をして」と返答された。

自衛隊のボートで救助された頃には携帯電話の電池が切れかかっていた。男性は「とりあえず、命が助かっただけでも良かった」と疲れた様子で振り返った。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。