断水、危機管理に課題 24万世帯に影響
西日本豪雨 復旧から復興へ(中)

2018/8/7 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本豪雨では広島県や岡山県の広い範囲が長期間にわたり断水し、復興の妨げにもなった。複雑な地形・地質で土砂災害が頻発し、水道管などの復旧に手間取ったためだ。1カ月でおおむね解消したが、まだ水が出ない地域も残る。ライフラインの危機管理が改めて関心を高めそうだ。

経 緯

広島県の断水は、沼田川の本郷取水場(三原市)の水没と、広島市方面から呉市などに水を送るトンネルの点検施設(坂町)への土砂流入が主因…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]