/

農水省・地理的表示(GI) 東北の3品登録、福島は初

農林水産省は地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示(GI)」に、東北から、新たに福島県の「南郷トマト」、宮城県の「岩出山凍り豆腐」、岩手県の「岩手木炭」の3品を登録した。福島県産品の登録は初めてで、東北の登録産品は計15品目となった。

GIは地域独自の生産方法で作られた農林水産物などの名前を知的財産として保護する制度。全国の登録産品は計66品目にのぼる。

南郷トマトは福島県南会津町などで夏から秋に収穫され、糖度が高いのが特徴。40年以上、年2千トン超の生産を続けている。岩出山凍り豆腐は宮城県大崎市の特産品で、大豆の風味が豊かで雑味が少ない。岩手木炭は燃やした際の煙や灰が少なく、火が長続きするのが特徴という。

東北農政局の担当者は「福島県では南郷トマトの初登録をきっかけに、登録産品が増えることを期待したい。原発事故の風評被害の払拭にもつながればいい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン