/

三菱商事、キユーピーの弁当子会社を買収

三菱商事は7日、キユーピー子会社で弁当製造などを手掛けるグルメデリカ(東京都調布市)を買収すると発表した。同社は三菱商事子会社のローソンに弁当や総菜を供給している。三菱商事がコンビニエンスストア向けの弁当製造会社に出資するのは初めて。食材の調達から弁当製造、物流に一貫して関わり、ローソンの競争力を高める。

グルメデリカは弁当やお握りなど米飯分野に強みを持つ。2017年度の売上高は331億円だった。キユーピーは冷凍和菓子など一部事業を除いて、弁当製造を主力とする同名の新会社、グルメデリカ(埼玉県所沢市)を10月に設立する。三菱商事は新会社の株式を80%取得する。出資額は数億円とみられる。

三菱商事は子会社の三菱食品などがローソン向けに食品供給や物流を手掛けるが、弁当製造には直接関与していなかった。ローソンの店舗当たりの1日平均売上高は約54万円で、首位のセブンイレブン(約65万円)に後れを取っている。弁当分野の強化などを通じて、21年までに60万円に増やすことを目指す。

キユーピーは新会社の株を20%保有し、引き続き弁当製造を支援する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン