/

この記事は会員限定です

宇宙観測のセンサー技術でがん発見

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

宇宙の研究とがんの治療。関係のなさそうなこれらの研究を結びつけ、社会に役立てようという取り組みが動き出している。カギとなるのはエックス線やガンマ線で宇宙を観測するために開発された高性能の画像センサーだ。

開発に取り組むのは4月に東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)に設立された「硬X線・ガンマ線イメージング連携拠点」。IPMUと宇宙航空研究開発機構(JAXA)を中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1506文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン